更新:2015/03/31

龍須茶の産地や効能、特徴まとめ【中国青茶】

chinese-tea

龍須茶は、300年を超す歴史あるお茶で、龍の髭のような形をしているところからこの名称となりました。(※烏龍茶に代表されるように、中国茶には「龍」という漢字のつくお茶が非常に多いのですが、いずれも茶葉が龍に似ているというところから来ています)

乾燥させる前に、糸で一束にされるところから「束茶」と言われることもあります。

龍須茶は300年を越す歴史のあるお茶で、一番質が高いとされているのは、武夷山の八角亭龍須茶と言われています。

花の香りがしつつも、やや苦みのあるのが特徴です。

龍須茶の基本情報

  • 読み方:りゅうすちゃ
  • 英語表記:long xu cha
  • 産地:中国(福建省、建甌市)
  • カテゴリー:中国茶、中国青茶(烏龍茶)
  • 効能:高血圧予防・対策、動脈硬化予防・対策、老化予防・対策、ダイエット効果
  • 飲み方: –

ティークリップでお茶をもっと楽しもう!
このまとめが気に入ったら
「いいね!」しよう♡






いいね!すると厳選したハーブ・お茶の情報をお届けします

関連キーワード一覧

中国茶のまとめ, 中国青茶のまとめ , ,



よく似たページ

緑茶

井岡翠緑茶の効能/産地/特徴まとめ【中国緑茶】

井岡翠緑茶は、中国でも有名な観光地である井岡山で採れ、茶葉の色が翠緑であることからこの名称になりまし

もっと見る

峡州碧峰の産地や効能、名前の由来まとめ【中国茶】

峡州碧峰の産地や効能、名前の由来まとめ【中国茶】

峡州碧峰は湖北省の長江西陵峡にある半高山地区で生産されるお茶です。唐の時代この地は渓谷(峡州)に属し

もっと見る

永春佛手

永春佛手の効能や淹れ方、特徴まとめ【中国茶】

永春佛手は烏龍茶品種の一つで、産量は少なく、珍しいお茶です。1930年代に生み出され、1980年代か

もっと見る

tea

東白春芽の効能や特徴まとめ【中国茶】

東白春芽は、東白山で産することからこの名称が付けられました。 唐代において献上茶(※1)であっ

もっと見る

tea-china

蒙頂黄芽の効能や淹れ方、特徴まとめ【中国黄茶】

蒙頂黄芽は、四川省にある「蒙山」という山で採れる中国黄茶です。蒙山主峰の標高1200m付近で栽培され

もっと見る

菊花

菊花茶(菊茶)の効能や飲み方まとめ【健康茶】

菊花茶(別名:菊茶)は中国で馴染みの深いお茶で、中国茶上の分類では、「花茶」に分類されます。菊自体、

もっと見る

青碍茶(川字茶)の効能・飲み方【中国茶】

青碍茶(川字茶)の効能・飲み方【中国茶】

引用:http://www.gdcct.com     青碍茶は、18

もっと見る

chinese-green-tea

千島玉葉ってどんな中国茶なの?

千島玉葉は、中国の千島湖周辺で作られるお茶で、「せんとうぎょくよう」と読みます。1983年に開発され

もっと見る

chinese-tea

金山翠芽ってどんな中国茶なの?

金山翠芽は中国の江蘇省や鎮江市で生産される中国緑茶で、「きんざんすいが」と読みます。 「金山翠

もっと見る

tea-garden

寿眉(じゅぴ)の効果・効能・飲み方【中国茶】

寿眉は、白豪銀針などを作り終えた後の残った茶葉で作られるため、値段も他の白茶と比べると安価で手に入り

もっと見る

  • TEA CLIPのコンテンツは、病気の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。事故やトラブルに関して責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中や授乳中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、まず専門家や専門医に相談するようにしてください。

green-tea
【保存版】緑茶が持つ効能、カフェインは?おすすめの飲み方もご紹介!

私たちの生活にとてもなじみの深い緑茶。この記事では、そんな緑茶の効果や効能、飲み方をご紹介

カモミールティーの口コミ体験談を一気にご紹介!

リラックス効果があると評判のカモミールティー。今回は、ティークリップに寄せられたルイボステ

ルイボスティーの口コミ体験談を一気にご紹介!

ここ数年で日本でもだいぶ知名度を上げているルイボスティー。ティークリップでもルイボスティー

【保存版】麦茶の効果や作り方まとめ (口コミ付)

日本人にとって最も馴染みの深いお茶の1つである麦茶。 「夏になると冷たい麦茶を冷蔵庫に常

サントリーの「健康 黒豆ごぼう茶」をレビュー!なんとあのenherbとの共同開発商品!

こんにちは!お茶が大好きな、Tea ClipライターのKoちゃんです。 本日はサント

PAGE TOP ↑