中国緑茶のまとめ

「中国緑茶」に関するまとめが集まったページです。緑茶は日本でも親しまれていますが、本場中国でも生産量がもっとも多く、6割ほどのシェアを占めています。ただし製法にやや違いがあり、日本の場合は蒸すという工程を経ますが、中国の場合は釜炒りをして作られます。そのため、日本茶よりも摘みたての茶葉の香りが生きた香りがします。

【中国緑茶】双龍銀針ってどんなお茶?

双龍銀針は、中国の浙江省、金華市で生産される中国緑茶で、「そうりゅうぎんしん」とよみます。 双龍洞があることから双龍銀針という名称になったお茶で、1980年代初めに作られました。 製造工程

【中国茶】宣恩貢茶ってどんなお茶?

宣恩貢茶は、中国の湖北省、宣恩県で生産される中国緑茶で、「せんおんこうちゃ」と読みます。 清明節から穀雨(※こくうと読む。4月下旬頃)の前に一芯一葉で摘みます。 茶葉の色は黒みがかった深い

【中国茶】雪龍茶ってどんなお茶?

雪龍茶は、中国の浙江省、康順県で生産される中国緑茶で、「せつりゅうちゃ」と読みます。 一芯一葉ないし一芯二葉で、明前から摘み始めます。 茶葉は産毛が多くツヤがありますが、色は白っぽい緑色を

【中国緑茶】青城雪芽ってどんなお茶なの?

青城雪芽は、中国の四川省、都江堰市で生産される中国緑茶で、「せいじょうせつが」と読みます。 1982年に作られた中国茶の中では比較的新しいお茶です。 「青城雪芽」という名称は青城山で採れる

【中国茶】湘波緑ってどんなお茶?

湘波緑は、中国の湖南省、長沙市で生産される中国緑茶で、「しょうはりょく」と読みます。 1960年代初めに湖南省茶葉研究所で開発された新しい銘茶で、高橋銀峰のよいところを生かして作られたと言われて

【中国緑茶】車雲山毛尖ってどんなお茶?

車雲山毛尖は、中国の湖北省、随州市で生産される中国緑茶で、「しゃうんざんもうせん」と読みます。 「車雲山毛尖」という名称は、車雲山で採れるところにちなんでいます。 1920年代半ばに現在の

【中国茶】七境緑茶ってどんなお茶?

七境緑茶は、中国の福建省、羅源県で生産される中国緑茶で、「しちきょうりょくちゃ」と読みます。「七境緑茶」という名称は、七境堂で採れることから、この名称が付けられました。 香りの吸着力が強いことか

【中国茶】黄花雲尖ってどんなお茶?

黄花雲尖は、中国の安徽省、寧国市で生産される中国緑茶で、「こうかうんせん」と読みます。 1983年に作られた中国茶の中ではわりと歴史の浅い新し目なお茶です。 葉は強く、まっすぐに揉捻されて

【中国茶】蘭渓毛峰ってどんなお茶?

蘭渓毛峰は、中国の浙江省、蘭渓市で生産される中国緑茶で、「らんけいもうほう」と読みます。 1972年に作られた中国茶の中では比較的新しい銘茶です。 良い茶葉は茉莉花茶のベースに選ばれます。

【中国茶】大仙峰毫茶ってどんなお茶?

大仙峰毫茶は、中国の福建省、大田県で生産される中国緑茶で、「だいせんぼうごうちゃ」と読みます。 もともと大仙峰名茶として古くから存在していましたが、もともとは寺の僧が来客に飲ませるお茶であり、市

  • TEA CLIPのコンテンツは、病気の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。事故やトラブルに関して責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中や授乳中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、まず専門家や専門医に相談するようにしてください。

no image
ごぼう茶をおすすめできるのは「XXX」に悩む人!【口コミ体験談あり】

ごぼうは、きんぴらごぼうや豚汁で使われる、私たち日本人にとって馴染み深い野菜です。ごぼうに

アールグレイティーの効能や美味しい飲み方まとめ【保存版】

アールグレイティーは、フレーバーティーの一種です。強い香りを好むイギリス人のために龍眼を使

フラックスシード茶の効果や飲み方まとめ

フラックスシードとは? 「月光で織られた布」 ▽亜麻(フラックス)の花

フェンネル茶の効果や淹れ方まとめ【おすすめハーブティー】

フェンネルとは? フェンネルは和名をウイキョウといい、ふわふわの糸のような葉に包まれ

フェヌグリークティー(コロハ茶)の効能や飲み方まとめ

フェヌグリークってなに? 世界各地で食用として利用されているハーブ フェヌグリ

PAGE TOP ↑