【中国緑茶】青城雪芽ってどんなお茶なの?


chinese-green-tea

青城雪芽は、中国の四川省、都江堰市で生産される中国緑茶で、「せいじょうせつが」と読みます。

1982年に作られた中国茶の中では比較的新しいお茶です。

「青城雪芽」という名称は青城山で採れることにちなんでつけられています。産地は、漢代からの古くからのお茶の産地で、いろいろなお茶が作られ、献上茶も産出しています。

爽やかで新鮮な濃い味が特徴で、透き通った香りが長く続くのが特徴です。

水色は透明感のある黄色がかった緑色をしています。
 
 

青城雪芽の基本情報

  • 読み方:せいじょうせつが
  • 産地:中国(四川省、都江堰市)
  • カテゴリー:中国茶、中国緑茶
  • 効能:利尿作用、抗菌作用
  • 飲み方: –
 

ハーブティーをネットで買うなら…

ハーブティーをネット通販で買うなら、サントリーグループのハーブ専門店「enherb(エンハーブ)」がおすすめです。大手グループの通販ショップだけあって、品ぞろえも豊富です。
enherb公式サイトへ



このまとめが気に入ったら
「いいね!」しよう♡






いいね!すると厳選したハーブ・お茶の情報をお届けします

関連キーワード一覧

中国緑茶のまとめ, 中国茶のまとめ



よく似たページ

緑茶

【中国茶】龍岩斜背茶ってどんなお茶?

龍岩斜背茶は、中国の福建省、龍岩市で生産される中国緑茶で、「りゅうがんしゃはいちゃ」と読みます。龍岩

もっと見る

tea

官庄毛尖の効能や歴史、特徴まとめ【中国茶】

官庄毛尖は、湖南省が産地の緑茶で、気温や湿度、降水量などお茶を栽培するのに最適な環境で生産されます。

もっと見る

文山包種茶の淹れ方/効能/味わい方まとめ【保存版】

文山包種茶の淹れ方/効能/味わい方まとめ【保存版】

文山包種茶は、150年ほど前福建省安渓県で造られたお茶を紙で包んだことから「包種茶」という名称になり

もっと見る

chinese-tea

温州黄湯の産地や歴史、効能まとめ【中国茶】

温州黄湯は、清代から作られているとても歴史長いお茶で、清の時代から生産されていると言われています。

もっと見る

緑茶

磐安雲峰ってどんなお茶?【中国茶】

磐安雲峰は、中国の浙江省や磐安県で生産されている中国緑茶で、「ばんあんうんぽう」と読みます。

もっと見る

chinese-tea

白毫烏龍茶の効能や由来、産地まとめ【中国青茶】

白毫烏龍茶(別名:東方美人、香檳烏龍、五色茶、椪風茶、膨風茶)は、1860年代~海外で高い評価を得て

もっと見る

red-tea

ミルクとの相性◎英徳紅茶の効能、淹れ方まとめ

中国を代表する紅茶 英徳紅茶は1960年代に、国内外でたくさん販売され、インド、スリラン力と並

もっと見る

tea-garden

【中国茶】松陽玉峰ってどんなお茶?

松陽玉峰は中国の浙江省、松陽県で生産される中国緑茶で、「しょうようぎょくほう」と読みます。 「

もっと見る

chinese-tea

【中国緑茶】遂昌銀猴ってどんなお茶?

遂昌銀猴は、中国の浙江省や遂昌県で生産される中国茶で、「すいしょうぎんこう」と読みます。 19

もっと見る

chinese-tea

顧渚紫笋ってどんなお茶?【中国茶】

顧渚紫笋は、中国の浙江省、長興県で生産される中国緑茶で、「こしょしじゅん」と読みます。 「顧渚

もっと見る

  • TEA CLIPのコンテンツは、病気の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。事故やトラブルに関して責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中や授乳中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、まず専門家や専門医に相談するようにしてください。

【中国紅茶】武夷 金駿眉の飲み方・淹れ方(写真つき)

金駿眉は、武夷山の海抜1200~1800mの高山で育てられた野生の茶樹の芽のみを使用して作

green-tea
【保存版】緑茶が持つ効能、カフェインは?おすすめの飲み方もご紹介!

私たちの生活にとてもなじみの深い緑茶。この記事では、そんな緑茶の効果や効能、飲み方をご紹介

カモミールティーの口コミ体験談を一気にご紹介!

リラックス効果があると評判のカモミールティー。今回は、ティークリップに寄せられたルイボステ

ルイボスティーの口コミ体験談を一気にご紹介!

ここ数年で日本でもだいぶ知名度を上げているルイボスティー。ティークリップでもルイボスティー

【保存版】麦茶の効果や作り方まとめ (口コミ付)

日本人にとって最も馴染みの深いお茶の1つである麦茶。 「夏になると冷たい麦茶を冷蔵庫に常

PAGE TOP ↑