紫陽毛尖ってどんなお茶?【中国茶】


chinese-tea

紫陽毛尖は、中国の陝西省・紫陽県で生産される中国緑茶で、「しようもうせん」と読みます。

清の時代から続く、歴史のあるお茶です。ちなみに「紫陽毛尖」という名称は、過去生産されていた地名にちなんでいます。

茶葉の色は濃く深い緑色をしており、少しくねくねしているのが特徴。
 
 

紫陽毛尖の基本情報

  • 読み方:しようもうせん
  • 産地:中国(陝西省、紫陽県)
  • カテゴリー:中国茶、中国緑茶
  • 効能:ダイエット、高血圧予防、殺菌作用、かゆみ止め、疲労回復
  • 飲み方: –
 

ハーブティーをネットで買うなら…

ハーブティーをネット通販で買うなら、サントリーグループのハーブ専門店「enherb(エンハーブ)」がおすすめです。大手グループの通販ショップだけあって、品ぞろえも豊富です。
enherb公式サイトへ



このまとめが気に入ったら
「いいね!」しよう♡






いいね!すると厳選したハーブ・お茶の情報をお届けします

関連キーワード一覧

中国緑茶のまとめ, 中国茶のまとめ



よく似たページ

tea-garden

【中国茶】松陽玉峰ってどんなお茶?

松陽玉峰は中国の浙江省、松陽県で生産される中国緑茶で、「しょうようぎょくほう」と読みます。 「

もっと見る

chinese-tea

嶺頭単叢茶の効能/歴史/産地まとめ【中国青茶】

嶺頭単叢茶の産地と成り立ち 嶺頭単叢茶は烏龍茶類の中でも特に有名なお茶で、生産地は広州省饒平県

もっと見る

緑茶

【中国茶】大佛龍井ってどんなお茶?

大佛龍井は、中国の浙江省や新昌県で生産されている中国緑茶で「だいぶつりゅうせい」と読みます。

もっと見る

六安瓜片の効能や飲み方、歴史まとめ【中国緑茶】

六安瓜片の効能や飲み方、歴史まとめ【中国緑茶】

六安瓜片は、葉が瓜の種の形に似ていることと、生産地が六安であることからこの名称となりました。

もっと見る

chinese-tea

武夷四大岩茶「鉄羅漢」の効能、淹れ方まとめ【中国青茶】

鉄羅漢は、武夷四大岩茶の一つで、その中でも最も古い名木です。 名前の由来は、羅漢のように樹木の

もっと見る

ダイエットに!烏龍茶のおすすめ銘柄3選【中国青茶】

ダイエットに!烏龍茶のおすすめ銘柄3選【中国青茶】

日本人にもなじみのある烏龍茶。脂っこい料理には必ず烏龍茶を、という人も多いのではないでしょう

もっと見る

chinese-green-tea

【中国茶】狗牯脳茶(くこのうちゃ)ってどんなお茶?

狗牯脳茶は中国の江西省や遂川県で生産される中国緑茶で、「くこのうちゃ」と読みます。狗牯脳山で生産され

もっと見る

tea-pic

白芽奇蘭の効能や淹れ方、名前の由来まとめ【中国青茶】

白芽奇蘭は、白緑の新芽でいれたお茶が蘭の香りがすることからこの名称となりました。 生産地は福建

もっと見る

【保存版】高山烏龍茶の効能、飲み方 (口コミあり)

【保存版】高山烏龍茶の効能、飲み方 (口コミあり)

高山烏龍茶は、標高1000mを超す茶区で栽培されることから、この名がつけられています。つまり、「高い

もっと見る

中国伝統十大名茶の一つ「黄山毛峰」の楽しみ方

中国伝統十大名茶の一つ「黄山毛峰」の楽しみ方

黄山毛峰は、中国緑茶を代表する銘茶の一つで、「十大名茶」の一つに数えられます。   &

もっと見る

  • TEA CLIPのコンテンツは、病気の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。事故やトラブルに関して責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中や授乳中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、まず専門家や専門医に相談するようにしてください。

【中国紅茶】武夷 金駿眉の飲み方・淹れ方(写真つき)

金駿眉は、武夷山の海抜1200~1800mの高山で育てられた野生の茶樹の芽のみを使用して作

green-tea
【保存版】緑茶が持つ効能、カフェインは?おすすめの飲み方もご紹介!

私たちの生活にとてもなじみの深い緑茶。この記事では、そんな緑茶の効果や効能、飲み方をご紹介

カモミールティーの口コミ体験談を一気にご紹介!

リラックス効果があると評判のカモミールティー。今回は、ティークリップに寄せられたルイボステ

ルイボスティーの口コミ体験談を一気にご紹介!

ここ数年で日本でもだいぶ知名度を上げているルイボスティー。ティークリップでもルイボスティー

【保存版】麦茶の効果や作り方まとめ (口コミ付)

日本人にとって最も馴染みの深いお茶の1つである麦茶。 「夏になると冷たい麦茶を冷蔵庫に常

PAGE TOP ↑