更新:2015/03/31

安渓黄金桂の効能/淹れ方/産地情報まとめ【中国青茶】

chinese-tea

安渓黄金桂は、中国茶の一種で、青茶に分類されます。主な産地はお茶の産地として知られる福建省安渓県です。

黄旦(読み方:こうたん)という茶種からとり、鉄観音とは別の風味があります。一芯二葉ないし一芯三葉で摘まれます。

安渓鐡観音の中でも香りが最も優れていると言われており、金木犀(キンモクセイ)などにたとえられます。

色は黒みがかった緑色で、水色は、黄金色となります。香りは春茶が一番とされていますが、秋茶も良いです。
 
 

安渓黄金桂の基本情報

  • 読み方:あんけいおうごんけい
  • 産地:中国(福建省、安渓県)
  • カテゴリー:中国茶、中国青茶(烏龍茶)
  • 効能:リラックス効果、消化促進、ダイエット効果、利尿作用
  • 飲み方: 沸騰したお湯で30秒ほど蒸らしましょう。5~7煎くらいまで美味しくいただけます。

ティークリップでお茶をもっと楽しもう!
このまとめが気に入ったら
「いいね!」しよう♡






いいね!すると厳選したハーブ・お茶の情報をお届けします

関連キーワード一覧

中国茶のまとめ, 中国青茶のまとめ , , ,



よく似たページ

緑茶

【中国茶】黄花雲尖ってどんなお茶?

黄花雲尖は、中国の安徽省、寧国市で生産される中国緑茶で、「こうかうんせん」と読みます。 198

もっと見る

望海茶の楽しみ方や産地情報、特徴まとめ【中国緑茶】

望海茶の楽しみ方や産地情報、特徴まとめ【中国緑茶】

望海茶は、「浙江十大銘茶」というブランドの一つに数えられる銘茶で、杭州の南東に位置する海沿い寧波市南

もっと見る

green-tea

天目青頂の効能や産地、歴史まとめ【中国緑茶】

天目青頂は、別名「天目雲霧」とも呼ばれ、4月上旬から摘み始め、「頂谷」「雨前」「梅尖」「梅白」などの

もっと見る

永春佛手

永春佛手の効能や淹れ方、特徴まとめ【中国茶】

永春佛手は烏龍茶品種の一つで、産量は少なく、珍しいお茶です。1930年代に生み出され、1980年代か

もっと見る

石亭緑の効能や楽しみ方、産地情報まとめ【中国茶】

石亭緑の効能や楽しみ方、産地情報まとめ【中国茶】

石亭緑は、福建南安で生産されるお茶で、1600年余りの歴史を持つ茶区で生産されます。 名前の由

もっと見る

雪水雲緑ってどんなお茶?飲み方は?【中国茶】

雪水雲緑ってどんなお茶?飲み方は?【中国茶】

    雪水雲緑の生産地である中国の浙江省や桐廬県というエリアは、古くか

もっと見る

お茶のルーツ!中国六大茶(+花茶)について解説します

お茶のルーツ!中国六大茶(+花茶)について解説します

今でこそ全世界で愛されているお茶ですが、もとを辿ると中国がルーツだと言われていて、日本茶も紅茶も中国

もっと見る

翠螺

翠螺(すいら)ってどんなお茶なの?【中国茶】

翠螺は中国の江蘇省、南京市で生産される中国緑茶で、「すいら」と読みます。 1984年に作られる

もっと見る

tea

華頂雲霧(天台山雲霧)の効能や歴史、特徴【中国茶】

華頂雲霧(別名:天台山雲霧)は唐代から作られた非常に古いお茶です。 「華頂雲霧」という名称は天

もっと見る

【保存版】白毫銀針(銀針白毫)の楽しみ方すべて

【保存版】白毫銀針(銀針白毫)の楽しみ方すべて

「白毫銀針」の漢字に含まれる「白毫」とは、白い産毛を意味していて、その名の通り新芽にびっしりと産毛が

もっと見る

  • TEA CLIPのコンテンツは、病気の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。事故やトラブルに関して責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中や授乳中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、まず専門家や専門医に相談するようにしてください。

アールグレイティーの効能や美味しい飲み方まとめ【保存版】

アールグレイティーは、フレーバーティーの一種です。強い香りを好むイギリス人のために龍眼を使

フラックスシード茶の効果や飲み方まとめ

フラックスシードとは? 「月光で織られた布」 ▽亜麻(フラックス)の花

フェンネル茶の効果や淹れ方まとめ【おすすめハーブティー】

フェンネルとは? フェンネルは和名をウイキョウといい、ふわふわの糸のような葉に包まれ

フェヌグリークティー(コロハ茶)の効能や飲み方まとめ

フェヌグリークってなに? 世界各地で食用として利用されているハーブ フェヌグリ

ディンブラ紅茶の効能や美味しい飲み方まとめ

ディンブラ紅茶の特徴って? ディンブラ紅茶大変飲みやすく、癖のないお茶です。日本人の

PAGE TOP ↑