オケラ茶の効能や由来まとめ【健康茶】


オケラ

オケラ茶は、日本では本州、四国、九州、また中国東北部、朝鮮半島など幅広く自生しているキク科の植物であるオケラから作られる健康茶です。

オケラはの苗は白く柔らかな毛におおわれており、茎は堅く、草丈は30~60cm程になるまで育ちます。
 
 

オケラの由来

「オケラ」という名前の由来は、古名の「ウケラ」が変化したもので、7世紀後半から8世紀後半ころにかけて編まれた日本に現存する最古の和歌集である万葉集には「我が背子を あどかも言はむ 武蔵野の うけらが花の時なきものを」との記述があります。
 
 

オケラ茶の効能

オケラの根茎の部分は白朮(ビャクジュツ)と称する生薬で、四君子湯、健脾湯などの漢方方剤に使われることからもわかるように、健康にいい成分が含まれています。

具体的な効能としては健胃効果、整腸作用、利尿作用です。
 
 

オケラ茶の基本情報

  • 読み方:おけらちゃ
  • 産地:中国中部
  • カテゴリー:健康茶
  • 効能:健胃効果、整腸作用、利尿作用
  • 飲み方・作り方: 登録されていません

このまとめが気に入ったら
「いいね!」しよう♡






いいね!すると厳選したハーブ・お茶の情報をお届けします

関連キーワード一覧

健康茶のまとめ , ,



よく似たページ

カキの葉

柿の葉茶の効能・作り方・飲み方まとめ

柿の葉茶(カキノハ茶)は、私たち日本人におなじみの「柿」の葉っぱの部分を乾燥させてお茶にした健康茶で

もっと見る

タラの葉

タラの葉の効能や飲み方まとめ【健康茶】

タラの葉は日本各地や東アジアの山林に自生する落葉低木樹です。 新芽は「たらの芽」として天ぷらな

もっと見る

オトギリソウ

【健康茶】オトギリソウ茶の効能・飲み方まとめ

オトギリソウ(オトギリ草)は、日本各地に分布する多年草です。主成分はタンニン、ヒペリンシン、フラボノ

もっと見る

減肥茶

え、減肥っていう茶葉はないの?減肥茶の効能ほか【健康茶】

減肥茶とは、その名から想像できる通り、ダイエットに効果のあるお茶のことです。 ただよく勘違いさ

もっと見る

キャッツクロウ茶の効能や飲み方まとめ【健康茶】

キャッツクロウ茶の効能や飲み方まとめ【健康茶】

「キャッツクロウ」は南米ペルーの標高400~800mのアマゾン奥地に自生する植物で、その樹の皮は古代

もっと見る

イチョウ

ボケや記憶力向上に!イチョウ葉茶の効能/作り方まとめ【健康茶】

イチョウはよく街路樹として見かける、私たちにとってなじみの深い樹木です。中国が原産ですが、イチョウの

もっと見る

アカメガシワ

アカメガシワ茶の作り方や効能、楽しみ方まとめ【健康茶】

アカメガシワは本州、四国、九州、および東南アジアの山野に自生する落葉低木で、空き家などによく生えてい

もっと見る

グァバ

グァバ茶の効能や魅力、飲み方まとめ (口コミあり)

グァバ茶の原材料であるグァバは原産地は熱帯アメリカで、大正の初めに日本へ渡来したと言われています。こ

もっと見る

メグスリノキ

メグスリノキ茶の効能や飲み方まとめ【健康茶】

目薬の木(メグスリノキ)は世界で唯一日本においてのみ自生しているカエデ科の落葉樹で、主に標高700メ

もっと見る

姫マツタケ

がんに効く!姫マツタケ茶の効能や作り方まとめ【健康茶】

姫マツタケは、ブラジルのサンパウロ市郊外の山中に自生していたキノコで、学名では「アガリクス・ブラゼイ

もっと見る

  • TEA CLIPのコンテンツは、病気の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。事故やトラブルに関して責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中や授乳中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、まず専門家や専門医に相談するようにしてください。

【保存版】アールグレイティーの効能・美味しい飲み方まとめ(口コミ付)

アールグレイティーは、紅茶のフレーバーティーの一種です。強い香りを好むイギリス人のために龍

フラックスシード茶の効果や飲み方まとめ

フラックスシードとは? 「月光で織られた布」 ▽亜麻(フラックス)の花

フェンネル茶の効果や淹れ方まとめ【おすすめハーブティー】

フェンネルとは? フェンネルは和名をウイキョウといい、ふわふわの糸のような葉に包まれ

フェヌグリークティー(コロハ茶)の効能や飲み方まとめ

フェヌグリークってなに? 世界各地で食用として利用されているハーブ フェヌグリ

ディンブラ紅茶の効能や美味しい飲み方まとめ

ディンブラ紅茶の特徴って? ディンブラ紅茶大変飲みやすく、癖のないお茶です。日本人の

PAGE TOP ↑