千島玉葉ってどんな中国茶なの?


chinese-green-tea

千島玉葉は、中国の千島湖周辺で作られるお茶で、「せんとうぎょくよう」と読みます。1983年に開発された中国茶の中では比較的新しい部類の中国茶です。

ちなみに「千島玉葉」の生産地である淳安は銘茶が多い県として有名です。

清明節前後に摘み、茶葉は濃く深い緑色で産毛があり、形は扁平でまっすぐなのが特徴です。

水色は明るく柔らかな緑色をしており、香りは長く続きます。
 
 

千島玉葉の基本情報

  • 読み方:せんとうぎょくよう
  • 産地:中国(浙江省、淳安県)
  • カテゴリー:中国茶、中国緑茶
  • 効能:がん対策、抗菌作用、ダイエット効果、虫歯対策
  • 飲み方: –

※写真はイメージです。

 

ハーブティーをネットで買うなら…

ハーブティーをネット通販で買うなら、サントリーグループのハーブ専門店「enherb(エンハーブ)」がおすすめです。大手グループの通販ショップだけあって、品ぞろえも豊富です。
enherb公式サイトへ



このまとめが気に入ったら
「いいね!」しよう♡






いいね!すると厳選したハーブ・お茶の情報をお届けします

関連キーワード一覧

中国緑茶のまとめ, 中国茶のまとめ



よく似たページ

【中国茶】安渓鉄観音ってどんなお茶?

【中国茶】安渓鉄観音ってどんなお茶?

    安渓鉄観音は福建省南部にある安渓県で栽培される銘茶で、中国の中で

もっと見る

chinese-green-tea

【中国緑茶】車雲山毛尖ってどんなお茶?

車雲山毛尖は、中国の湖北省、随州市で生産される中国緑茶で、「しゃうんざんもうせん」と読みます。

もっと見る

西湖龍井

【中国緑茶】西湖龍井ってどんなお茶?

西湖龍井は、中国の浙江省、杭州市で生産される中国緑茶で、「せいこりゅうせい」と読みます。 中国

もっと見る

chinese-green-tea

【中国茶】屯緑ってどんなお茶?

屯緑は、中国の唐代以前からのお茶の産地である安徽省、黄山市で生産される中国緑茶で、「とんりょく」と読

もっと見る

【保存版】白毫銀針(銀針白毫)の楽しみ方すべて

【保存版】白毫銀針(銀針白毫)の楽しみ方すべて

「白毫銀針」の漢字に含まれる「白毫」とは、白い産毛を意味していて、その名の通り新芽にびっしりと産毛が

もっと見る

紅茶

寧紅工夫(紅茶)の効能や淹れ方まとめ【保存版】

寧紅工夫紅茶は、最も古い紅茶の一つで、独特な風味により国内外で人気があります。1921年ごろにおいて

もっと見る

chinese-green-tea

白雲毛峰ってどんなお茶?【中国茶】

白雲毛峰は、河南省、泌陽県で生産される中国緑茶で、「はくうんもうほう」と読みます。 「白雲山」

もっと見る

chinese-tea

鳩坑毛尖ってどんな中国茶なの?

鳩坑毛尖は中国の浙江省や淳安県で生産される中国緑茶で、「きゅうこうもうせん」と読みます。 唐代

もっと見る

chinese-tea

【中国緑茶】遂昌銀猴ってどんなお茶?

遂昌銀猴は、中国の浙江省や遂昌県で生産される中国茶で、「すいしょうぎんこう」と読みます。 19

もっと見る

chinese-green-tea

【中国茶】大仙峰毫茶ってどんなお茶?

大仙峰毫茶は、中国の福建省、大田県で生産される中国緑茶で、「だいせんぼうごうちゃ」と読みます。

もっと見る

  • TEA CLIPのコンテンツは、病気の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。事故やトラブルに関して責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中や授乳中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、まず専門家や専門医に相談するようにしてください。

【中国紅茶】武夷 金駿眉の飲み方・淹れ方(写真つき)

金駿眉は、武夷山の海抜1200~1800mの高山で育てられた野生の茶樹の芽のみを使用して作

green-tea
【保存版】緑茶が持つ効能、カフェインは?おすすめの飲み方もご紹介!

私たちの生活にとてもなじみの深い緑茶。この記事では、そんな緑茶の効果や効能、飲み方をご紹介

カモミールティーの口コミ体験談を一気にご紹介!

リラックス効果があると評判のカモミールティー。今回は、ティークリップに寄せられたルイボステ

ルイボスティーの口コミ体験談を一気にご紹介!

ここ数年で日本でもだいぶ知名度を上げているルイボスティー。ティークリップでもルイボスティー

【保存版】麦茶の効果や作り方まとめ (口コミ付)

日本人にとって最も馴染みの深いお茶の1つである麦茶。 「夏になると冷たい麦茶を冷蔵庫に常

PAGE TOP ↑