ビルベリー茶の効果や飲み方、口コミまとめ【ハーブティー】

ビルベリーとは?

ビルベリー茶の原料であるビルベリーの原産地は北欧、スカンジナビア半島から南ヨーロッパの山岳部、高原地帯に自生しています。和名ではセイヨウスノキと呼ばれています。ツツジ科の背の低い灌木で、黒に近い濃い紫色の実をつけます。

一般にビルベリーと言っても、いくつか種類があり、ホワートルベリー、ウィンベリー、ブレーベリー、ヨーロッパブルーベリー、などに分けられますが、それらの総称としてビルベリーと呼ばれることが慣習となっています。同じく総称として使われるブルーベリーの一種です。
 
 
bilberry
 
 

北欧・ヨーロッパで自生している

ビルベリーは栽培が大変難しく、今でも自生しているものから採取される物がほとんどです。ビルベリーの自生している北欧からヨーロッパにかけてのほとんどの地域では、個人の庭園や自然保護区を除く全ての場所で、土地の所有権にかかわりなくビルベリーを摘み取ることができます。

ビルベリーは自然の恵み、みんなが受け取ることができる大自然からの贈り物、という考え方ですね(これを自然享受権といいます)。ビルベリーはずっと昔から人々に愛され、大切にされてきたことがわかりますね。
 
 

お茶だけでなくジャムやパイなどでも利用される

ビルベリーの実は皮がとても薄く、果実も傷つきやすいため輸送が難しく、地元の市場で売られることがほとんどです。ハーブティーとしてだけでなく、生で食べたり、ジャム、色々な料理やパイ、タルトなどのお菓子にも使われています。

フランスではリキュールのベースとしても使われますし、ヨーロッパでは、歯医者さんが子供に正しい歯の磨き方を教えるためにビルベリーの果汁を使っているそうです。

収穫の季節には収穫祭も行われ、収穫高がその年の作物の出来を占うといわれるなど、ビルベリーが自生している地域の人たちにとっては、生活に深く根ざした、とても大切な木の実です。
 
 

ビルベリー茶の効果・効能は?

抗酸化作用

ビルベリー茶には、抗酸化物質であるアントシアニンやフラボノイドを豊富に含むことで知られています。その含有量は一般にブルーベリーと呼ばれるものの3倍ともいわれます。

現代病気の多くが体内の酸化物質によるもの、との研究がされるようになり、抗酸化物質は生活習慣病などの病気や栄養補助食品としての研究もさかんに行われるようになりました。ビルベリー茶は抗酸化物質であるアントシアニンを手軽に摂取できるハーブティーとして親しまれています。
 
 

視力回復・疲れ目に

ハーブティーに詳しい方ですと、「ビルベリー茶は目に良い」とお聞きになった方もおられるかもしれません。

目のフィルムと言われる網膜にはロドプシンという物質があります。これが光の刺激を受けて一旦分解されることで脳に信号を送り、それを脳が受け取ることではじめて私たちは物を見ることができます。ロドプシンは分解したあと、また元に戻ります。この再合成が早ければ早いほど、私たちは広くはっきりとものを見ることができます。ビルベリーに含まれるアントシアニンは、ロドプシンの再合成を促進するのですね。そんなことから「目に良い」とされるようになりました。
 
 

その他様々な効果あり

ビルベリー茶は、その他血糖値を低下させるはたらきがありますので、糖尿病の予防にも良いと言われていますし、殺菌や収れん効果によって胃の調子を整えるともいわれています。
 
 

ビルベリー茶の飲み方・作り方は?

水1リットルに、ビルベリーを小さじ一杯ほどを入れ、5分ほど煮出します。ほんのりとした酸味と果実のやわらかな香りがあり、とても美味しいお茶です。酸味が強い時は、はちみつなどの甘みを足しても美味しくいただけます。

ノンカフェインですが、タンニンを含みますので、妊娠中の方が飲まれる時は注意してください。

また血糖値を下げる効果もありますので、糖尿病の治療中、治療薬を飲んでいる場合には医師に相談して適切な指示を受けてください。

シングルでも充分美味しくいただくことができますが、ハイビスカスティーとの相性も抜群です。
 
 

ビルベリー茶の口コミ、評判

仕事で一日パソコンを使っているので、ひどい眼精疲労に悩まされていました。飲んでいるうちに改善されてきました。
疲れ目なのか、目がしょぼしょぼしていたのですが、知らない間に気にならなくなっていました。
目に対しては特に何も感じなかったのですが、体調が良くなってきて、寝起きにすっきりするようになりました。

ティークリップでお茶をもっと楽しもう!
このまとめが気に入ったら
「いいね!」しよう♡






いいね!すると厳選したハーブ・お茶の情報をお届けします

関連キーワード一覧

ハーブティーのまとめ ,



よく似たページ

マテ茶の効能と副作用、飲み方まとめ《飲むサラダ》

マテ茶の効能と副作用、飲み方まとめ《飲むサラダ》

アルゼンチンやブラジル、パラグアイやウルグアイなどの南米で古くから飲まれていたマテ茶。最近ではコンビ

もっと見る

アルファルファティーの効能や飲み方、ブレンド集まとめ

アルファルファティーの効能や飲み方、ブレンド集まとめ

アルファルファは、マメ科の多年草で別名「ムラサキウマゴヤシ」と言います。サプリメントティーとも呼

もっと見る

サンザシ

サンザシ茶(ホーソンベリー)の効能/淹れ方まとめ【ハーブティー】

サンザシ(ホーソンベリー)は中国原産のバラ科の植物で、古くに日本に持ち込まれました。 熟してで

もっと見る

リンデンティーの効能やおすすめブレンドまとめ【聖なる木】

リンデンティーの効能やおすすめブレンドまとめ【聖なる木】

リンデンは釈迦が悟りを開いたことで有名な「菩提樹」の仲間で、薬草として昔から親しまれてきたハ

もっと見る

バレリアン茶の効能や副作用、飲み方まとめ

バレリアンとは? 古くから薬草として知られる バレリアン茶のもととなるバレリアンは「セイ

もっと見る

ギムネマティーの効能/飲み方/ブレンド集まとめ

ギムネマティーの効能/飲み方/ブレンド集まとめ

ギムネマはインド中南部や中国が原産のガガイモ科ウライアオカズラ属のつる性多年草の植物です。学名はGy

もっと見る

hop-tea

花粉症にも!ホップティーの効果や飲み方まとめ【保存版】

ビールの渋みや香りに欠かすことのできないホップ。 原産国はアメリカや西アジアと言われており、こ

もっと見る

サフラワー

サフラワーティーの効能や飲み方、ブレンド集まとめ

サフラワーは、日本で「紅花」「べにばな」として知られており、油としてはもちろん、花弁の色素は染料とし

もっと見る

クミスクチンティーの効能や飲み方、おすすめブレンドまとめ【保存版】

クミスクチンティーの効能や飲み方、おすすめブレンドまとめ【保存版】

まるでネコのひげのようなクミスクチンは、100年前も昔からヨーロッパやアジアまで広い地域で飲まれてい

もっと見る

フィーバーフュー茶の効果や飲み方、口コミまとめ

フィーバーフューとは? フィーバーフュー茶の原料であるフィーバーフューは、別名「マトリカリア」

もっと見る

  • TEA CLIPのコンテンツは、病気の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。事故やトラブルに関して責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中や授乳中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、まず専門家や専門医に相談するようにしてください。

アールグレイティーの効能や美味しい飲み方まとめ【保存版】

アールグレイティーは、フレーバーティーの一種です。強い香りを好むイギリス人のために龍眼を使

フラックスシード茶の効果や飲み方まとめ

フラックスシードとは? 「月光で織られた布」 ▽亜麻(フラックス)の花

フェンネル茶の効果や淹れ方まとめ【おすすめハーブティー】

フェンネルとは? フェンネルは和名をウイキョウといい、ふわふわの糸のような葉に包まれ

フェヌグリークティー(コロハ茶)の効能や飲み方まとめ

フェヌグリークってなに? 世界各地で食用として利用されているハーブ フェヌグリ

ディンブラ紅茶の効能や美味しい飲み方まとめ

ディンブラ紅茶の特徴って? ディンブラ紅茶大変飲みやすく、癖のないお茶です。日本人の

PAGE TOP ↑