ギシギシ茶の効能や由来、飲み方まとめ【健康茶】


ギシギシ

ギシギシ茶の原料であるギシギシは、日本全国の湿った道ばたや水辺、湿地などに生えている多年草です。

ギシギシという名前は茎と茎を擦りあわせると「ギシギシ」という音がするというところに由来しています。

日本においては、平安時代から健康にいい効果を持つことで知られており、湿疹やかぶれ、ニキビ、水虫といった抗菌作用と便秘に効果があります。
 
 

ギシギシ茶の基本情報

  • 読み方:ぎしぎしちゃ
  • 産地:日本
  • カテゴリー:健康茶
  • 効能:抗菌作用、かぶれ予防・対策、にきび改善、水虫予防・改善、便秘改善、ダイエット効果
  • 飲み方: お湯400mlくらいに対し、5~10gを加え、お湯の量が半分程度になるまで煮詰めましょう
 

ハーブティーをネットで買うなら…

ハーブティーをネット通販で買うなら、サントリーグループのハーブ専門店「enherb(エンハーブ)」がおすすめです。大手グループの通販ショップだけあって、品ぞろえも豊富です。
enherb公式サイトへ



このまとめが気に入ったら
「いいね!」しよう♡






いいね!すると厳選したハーブ・お茶の情報をお届けします

関連キーワード一覧

健康茶のまとめ , ,



よく似たページ

キャッツクロウ茶の効能や飲み方まとめ【健康茶】

キャッツクロウ茶の効能や飲み方まとめ【健康茶】

「キャッツクロウ」は南米ペルーの標高400~800mのアマゾン奥地に自生する植物で、その樹の皮は古代

もっと見る

オオバコ

ダイエットに!オオバコ茶の効能や作り方まとめ【健康茶】

オオバコ(別名:車前草)は日本全国幅広いエリアに分布する雑草で、踏みつけに強いため、人が多く往来する

もっと見る

明日葉

明日葉茶(アシタバ茶)の効能、作り方まとめ【健康茶】

明日葉とは伊豆七島や小笠原諸島など暖かい地域で自生するセリ科の多年草です。「今日摘んでも明日には芽(

もっと見る

ヤマモモ

ヤマモモ茶の効能や楽しみ方まとめ【健康茶】

ヤマモモ茶とは、ヤマモモ科ヤマモモ属の常緑樹であるヤマモモから作られる健康茶です。 日本では関

もっと見る

ワレモコウ

ワレモコウ茶の効能やおすすめの飲み方まとめ【健康茶】

ワレモコウとは、日本列島を始めとし、韓国や中国ロシアなど幅広いエリアで自生しており、山野においてはご

もっと見る

【口コミ】サントリー「甜茶400」を徹底レビュー

こんにちは!お茶が大好きな、Tea Clip編集部ライターのえっちゃんです。 今回はサントリー

もっと見る

タラの葉

タラの葉の効能や飲み方まとめ【健康茶】

タラの葉は日本各地や東アジアの山林に自生する落葉低木樹です。 新芽は「たらの芽」として天ぷらな

もっと見る

にんじん

ニンジン嫌いの方に!ニンジン茶の効能や作り方【健康茶】

ニンジンは、私たちにとってもなじみのある、野菜として食べられているセリ科の食用ニンジンだけでなく、ウ

もっと見る

アザミ

アザミ茶(アザミティー)の効能や作り方まとめ【保存版】

アザミは地中海沿岸原産のキク科の草で、世界に250種以上があり、北半球に広く分布しています。ここ日本

もっと見る

イカリソウ

イカリソウ茶の効能や飲み方、特徴まとめ【健康茶】

イカリソウ茶とは、落葉多年草でメギ科のイカリソウを原材料として作る健康茶のことです。 「イカリ

もっと見る

  • TEA CLIPのコンテンツは、病気の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。事故やトラブルに関して責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中や授乳中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、まず専門家や専門医に相談するようにしてください。

【中国紅茶】武夷 金駿眉の飲み方・淹れ方(写真つき)

金駿眉は、武夷山の海抜1200~1800mの高山で育てられた野生の茶樹の芽のみを使用して作

green-tea
【保存版】緑茶が持つ効能、カフェインは?おすすめの飲み方もご紹介!

私たちの生活にとてもなじみの深い緑茶。この記事では、そんな緑茶の効果や効能、飲み方をご紹介

カモミールティーの口コミ体験談を一気にご紹介!

リラックス効果があると評判のカモミールティー。今回は、ティークリップに寄せられたルイボステ

ルイボスティーの口コミ体験談を一気にご紹介!

ここ数年で日本でもだいぶ知名度を上げているルイボスティー。ティークリップでもルイボスティー

【保存版】麦茶の効果や作り方まとめ (口コミ付)

日本人にとって最も馴染みの深いお茶の1つである麦茶。 「夏になると冷たい麦茶を冷蔵庫に常

PAGE TOP ↑