更新:2016/09/23

人気ハーブ「ルイボスティー」の効能や飲み方まとめ

ルイボス

ルイボスは、南アフリカの最南端、ケープタウンの北360キロメートルに広がるセダルバーグ山脈一帯の、海抜450メートル以上の高原地帯に自生する針葉樹の一種です。

もともとはこの地域の先住民である「コサイン族(ブッシュマン)」たちが、不老長寿の飲み物として愛飲していました。

古代の海底が隆起してできたといわれるセダルバーグ山脈は地下に亜鉛やセレンなどの鉱脈が走っています。

ルイボスはそこへ向かって10メートル近く深くまで根ざし、ミネラルを吸収します。強酸性の土、日中の紫外線、夜の極寒に耐えながら力強く生長していきます。

このように過酷な環境で育った力強いルイボスは、私たちに力を与えてくれます。

今回は、そんな魅力溢れるルイボスティーの飲み方・効能について余すことなく紹介します。
 
 

ルイボスティーはこんな人におすすめ!

ハーブティー初心者の方

ルイボスティーは、ティータイムだけでなく、お食事とも一緒に楽しむことができるほど、クセがありません。

通常お茶の苦味や渋みのもととなっているのは、「カフェイン」と「タンニン」と呼ばれる成分ですが、ルイボスティーはノンカフェインであり、タンニンも緑茶や紅茶より少ないため、苦味や渋みがほとんどないのです。
 
 

気になるルイボスティーの効能は?

ルイボスティーは味だけでなく、健康にもいいとされ、ケープ地方に昔から住んでいるコイサン人は古くからルイボスティーの効能を知っており、薬草として使っていました。
 
 

1.アレルギー体質の改善効果

ルイボスティーには、SOD(スーパー・オキサイド・ ディスムターゼ)という成分が含まれており、この成分がアレルギー抑制効果を持ち、「花粉症」「鼻炎」「アトピー性皮膚炎」「喘息」などに有効な作用をもたらすと言われています。
 
 

2.美肌効果

ルイボスティーには抗酸化作用のあるフラボノイド類がたくさん含まれており、活性酸素が細胞を老化させるのを防ぎ、肌荒れ・シミ・シワなどの肌トラブルを予防し、お肌を若々しく保ってくれる効果があります。
 
 

3.妊娠力向上

妊娠するには、卵子が元気に発育することが前提となりますが、体内に活性酸素が増えすぎてしまうと、卵子を老化させ卵子の質を低下させると言われています。

先ほど述べたように、ルイボスティーには抗酸化作用があるため、卵子の老化を食いとめ、妊娠しやすい身体を作ってくれます。

また女性だけでなく、男性の精子にも効果があると言われており、子供を考えているご夫婦はぜひ夫婦でルイボスティーを飲んでみることをお勧めします♪
 
 

ノンカフェインなので、妊婦さんにも安心

ルイボスティーは、妊娠したい人だけでなく、妊娠している人にもやさしいお茶です。

なぜなら、流産や早産、低出生体重児の原因につながる可能性のあると言われているカフェインが一切含まれていないためです。

そのため、妊婦さんでも安心して飲むことができるのです。
 
 

ルイボスティーの飲み方・ポイント

毎日続けよう

お茶全般に言えることではありますが、お茶には西洋医学の薬のように、速攻性はありません。とにかく毎日長く続けることが大事です。

目安として、一日あたり2回くらいを飲み続けるようにしてください。
 
 

ルイボスティーの作り方、淹れ方

水1リットルにつき、大さじ1~2杯をいれ、沸騰させた後にとろ火で10分ほど煮詰めてください。

時間が短すぎると、フラボノイドという健康成分があまり出ないため、少なくとも7~8分は煮詰めるといいでしょう。

中には30分煮出して飲む人もいて、この場合かなり濃厚なルイボスティーになります。

また煮出したものをアイスにしても美味しくいただけます。
 
 

南アフリカではミルクティーに

南アフリカではルイボスに牛や山羊の乳と砂糖を入れてミルクティーにして飲むのが一般的で、南アフリカのカフェでは、ルイボスのエスプレッソやカフェ・ラッテ、カプチーノも人気があります。どんな味がするのか一度試してみたいですね♪


ティークリップでお茶をもっと楽しもう!
このまとめが気に入ったら
「いいね!」しよう♡






いいね!すると厳選したハーブ・お茶の情報をお届けします

関連キーワード一覧

ハーブティーのまとめ , , , , ,



よく似たページ

flower-tea

ハーブってなに?ハーブティーの歩き方【初心者向け】

お茶という形だけでなく、私たちの生活に密着に関わっているハーブ。 ハーブとは、食用や薬用、香り

もっと見る

オートムギティー(オーツ麦茶)の効能・飲み方、ブレンドまとめ

オートムギティー(オーツ麦茶)の効能・飲み方、ブレンドまとめ

オートムギティーの原料であるオートムギはイネ科の一年草で「オーツ麦」とも呼ばれています(学名

もっと見る

女性にオススメ!アンジェリカルートティーの効能・飲み方【保存版】

女性にオススメ!アンジェリカルートティーの効能・飲み方【保存版】

アンジェリカルートは、ヨーロッパなどに自生するセリ科の二年草です。 和名では、ヨーロッパトウキ

もっと見る

ゴツコーラ

ゴツコーラティーの効能や飲み方、ブレンドまとめ

ゴツコーラは、東ヨーロッパや南アジア、インドなどが原産のとても古いハーブで約5000年以上も前から使

もっと見る

hop-tea

花粉症にも!ホップティーの効果や飲み方まとめ【保存版】

ビールの渋みや香りに欠かすことのできないホップ。 原産国はアメリカや西アジアと言われており、こ

もっと見る

ハーブの適量はどのくらい?ハーブティーの淹れ方

ハーブの適量はどのくらい?ハーブティーの淹れ方

ハーブティーのレシピを見ていると、ハーブ1/2杯といった表記を見かけることがあるかと思います

もっと見る

【保存版】ウワウルシティーの効能・飲み方・おすすめブレンドまとめ

【保存版】ウワウルシティーの効能・飲み方・おすすめブレンドまとめ

ウワウルシは、ツツジ科の常緑低木で和名は「クマコケモモ」といいます。 英名のベアベリーとしての

もっと見る

ローズマリーティーの効能や飲み方、ブレンド集まとめ

ローズマリーティーの効能や飲み方、ブレンド集まとめ

ハーブティーの中でも有名なローズマリーティーの原料であるローズマリーはシソ科の植物で、地中海

もっと見る

頭痛にはハーブティー!症状別におすすめハーブをご紹介

頭痛にはハーブティー!症状別におすすめハーブをご紹介

  寒くなってきましたが、この季節になると頭痛に悩まされる方って非常に多いと思います

もっと見る

コモンマロウティー

色鮮やか!コモンマロウティーの効能や作り方まとめ

コモンマロウは、とても古くからあるハーブで、古代ローマの時代では、「葉」の部分は食用として、「花」の

もっと見る

  • TEA CLIPのコンテンツは、病気の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。事故やトラブルに関して責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中や授乳中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、まず専門家や専門医に相談するようにしてください。

アールグレイティーの効能や美味しい飲み方まとめ【保存版】

アールグレイティーは、フレーバーティーの一種です。強い香りを好むイギリス人のために龍眼を使

フラックスシード茶の効果や飲み方まとめ

フラックスシードとは? 「月光で織られた布」 ▽亜麻(フラックス)の花

フェンネル茶の効果や淹れ方まとめ【おすすめハーブティー】

フェンネルとは? フェンネルは和名をウイキョウといい、ふわふわの糸のような葉に包まれ

フェヌグリークティー(コロハ茶)の効能や飲み方まとめ

フェヌグリークってなに? 世界各地で食用として利用されているハーブ フェヌグリ

ディンブラ紅茶の効能や美味しい飲み方まとめ

ディンブラ紅茶の特徴って? ディンブラ紅茶大変飲みやすく、癖のないお茶です。日本人の

PAGE TOP ↑