バレリアン茶の効能や副作用、飲み方まとめ

バレリアンとは?

古くから薬草として知られる

バレリアン茶のもととなるバレリアンは「セイヨウカノコソウ」または「吉草」と呼ばれています。ピンク色がかった小さな白い花を咲かせる草花で、根や茎を煎じて薬草にします。古くから薬効があることで知られ薬草として利用されており、ヨーロッパでは修道院の薬草園で盛んに栽培されたのだとか。

ヨーロッパで30年以上にわたって研究されており、ドイツの研究所はバレリアンの鎮静成分は脳細胞に直接作用し、精神の安定をもたらすことがわかっています。
 
 

「蒸れた靴下の臭い」がすることで知られる

バレリアンの可愛らしい見た目とはうらはらに、成分に「吉草酸」というかなり不快な臭いの成分が含まれています。例えて言うなら「蒸れた靴下の臭い」。それもそのはず、この吉草酸と同じ分子を持ち、構造だけが違うイソ吉草酸は、あのイヤな足の臭いの元なのです。

ただ、そんな独特の臭いがありながら、何故昔から薬草として重宝されてきたのかといえば、心を落ち着け、心地よい眠りを誘ってくれる、という効果があるからなのです。「深い眠りに導くハーブ」というわけですね。

また吉草酸がもたらす独特の匂いを利用して、匂い袋のような使い方もされていました。

ちなみにこのバレリアンは、ヨーロッパにおいては「伝統生薬製剤の欧州指令(伝統的な植物薬のための簡単な規制承認の手続きを指示したもの)」に従って医薬品とされています。

なお、園芸用に使われるアメリカンバレリアンには薬効がありません。
 
 

バレリアン茶の効果・効能は?

安眠効果

バレリアン茶には心を落ち着かせてくれる効果があるため、就寝前に飲むこと、ゆっくりと質の良い眠りにつくことができ、また深く眠った後には心地よく目覚めることができます。精神を落ち着かせるはたらきがあるので、緊張や不安からくるストレスの軽減にも効果があります。
 
 

女性特有の悩みにも効く

バレリアン茶は精神的なケアだけでなく、身体に対しても有効です。頭痛を治め、成分のバアレポトリエイドが痙攣を抑えてくれるので、肩こりや緊張からくる腹痛、胃痛の緩和に効果を発揮してくれます。血圧を下げる効果も確認されています。

また女性に対しても、生理痛の緩和、PTS(月経前症候群)や更年期障害の不安、イライラの解消などにも役立ちます。
 
 

バレリアン茶の副作用

副作用に注意しよう

バレリアンは副作用が多いことでも知られています。先ほど説明した通り、直接脳細胞や中枢神経にはたらきかける作用がありますから、使用には注意が必要です。

多くの精神安定剤と同じく習慣性があり、大量に摂取すると歩行障害(ふらふらして歩けないなど)、脳の覚醒システムを止めるはたらきをするガンマアミノ酸(GABA)の効果を高めるため、眠気や意識の混濁を招くことがあります。そのため、精神安定剤を使用されている方は、医師に相談して指示に従って使用してください。

バレリアンの成分は肝臓で分解されます。肝機能の障害を持っていると、成分がしっかりと分解されず、肝機能障害を起こす原因にもなりますから、肝臓を患っている方は使用しないようにしましょう。

用法・用量を守り、適切に使用すれば、副作用の心配はありませんが、大量に摂取してはいけません。精神安定剤の他に、鎮痛剤などとの併用も医師に相談してからにしましょう。
 
 

妊娠中の方は飲むのを控えよう

バレリアン茶を飲むと流産してしまう可能性がありますので、妊娠中の方は使用を避けてください。授乳中の安全性については充分なデータが得られていないため、授乳中のお母さんも避けた方がよいでしょう。
 
 

バレリアン茶の作り方・飲み方

バレリアンの茶葉はほんの少量で充分です。まず1リットルに小さじ一杯くらいの茶葉を入れ、お湯を注いでフタをし、5分ほど蒸らします。煮出す時は3分くらいをめどにしてください。

どちらの方法も、あまり長い時間をかけると、臭いが強くなって飲みにくくなってしまいますので要注意です。

シングルよりはブレンドの方が飲みやすく、パッションフラワージャーマンカモミールレモンバームなどと相性が良いとされています。ブレンドをする時にはバレリアンを1、他のハーブを4くらいの割合にして淹れると飲みやすくなります。
 
 

バレリアン茶の口コミ・評判は?

バレリアン茶を飲むとスーッと眠りに入っていく感じで眠れる。目覚めた後も気分がいいです。
いつの間にかすっと眠れていて嬉しいです。
一時期不眠で悩んでいたので試しに飲んでみました。ゆっくり寝られるようになって、気持ちも落ち着きました。
捨てようかと思うくらい臭かったけれど、他のハーブと混ぜたら気にならなくなりました。

ティークリップでお茶をもっと楽しもう!
このまとめが気に入ったら
「いいね!」しよう♡






いいね!すると厳選したハーブ・お茶の情報をお届けします

関連キーワード一覧

ハーブティーのまとめ



よく似たページ

flower-tea

ハーブってなに?ハーブティーの歩き方【初心者向け】

お茶という形だけでなく、私たちの生活に密着に関わっているハーブ。 ハーブとは、食用や薬用、香り

もっと見る

女性にオススメ!アンジェリカルートティーの効能・飲み方【保存版】

女性にオススメ!アンジェリカルートティーの効能・飲み方【保存版】

アンジェリカルートは、ヨーロッパなどに自生するセリ科の二年草です。 和名では、ヨーロッパトウキ

もっと見る

おすすめ!ナスタチウムティーの効能/飲み方/ブレンドまとめ

おすすめ!ナスタチウムティーの効能/飲み方/ブレンドまとめ

ナスタチウムは、メキシコやペルー、コロンビアなどの南米に育つノウゼンハレン科の一年草です。 ペ

もっと見る

クミスクチンティーの効能や飲み方、おすすめブレンドまとめ【保存版】

クミスクチンティーの効能や飲み方、おすすめブレンドまとめ【保存版】

まるでネコのひげのようなクミスクチンは、100年前も昔からヨーロッパやアジアまで広い地域で飲まれてい

もっと見る

ジンジャーティー

ジンジャーティーの効能/飲み方/ブレンドまとめ【ハーブティー】

アジアの広い地域で、料理や飲み物に使われていることの多いジンジャー(生姜)、それをハーブティーにした

もっと見る

ディル

ディルティーの効能/飲み方/ブレンドまとめ【ハーブティー】

ディルは、古代ギリシャやローマでも使われていたハーブです。 アメリカやヨーロッパ、西アジアが原

もっと見る

コーンシルク

コーンシルクティーの効能や飲み方、おすすめブレンドまとめ

世界の多くの人に食べられているトウモロコシですが、原産は中南米で、コーンシルクとは、トウモロコシにつ

もっと見る

【保存版】チャイブティーの効能、飲み方まとめ

チャイブは、アメリカやヨーロッパが原産国のユリ科の多年草です。日本では「エゾネギ」と言われています。

もっと見る

ハトムギ茶の効能や飲み方、産地情報まとめ

これハーブティーだったの?なんて思ってしまうほど、今では身近なものになったハトムギ茶。日常生活の中で

もっと見る

月桂樹茶(ローリエ茶)の効能や飲み方まとめ

月桂樹茶(ローリエ茶)の効能や飲み方まとめ

月桂樹(ゲッケイジュ)は南ヨーロッパの原産で、古代ローマ時代から「アポロンの聖樹」として神聖視されて

もっと見る

  • TEA CLIPのコンテンツは、病気の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。事故やトラブルに関して責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中や授乳中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、まず専門家や専門医に相談するようにしてください。

アールグレイティーの効能や美味しい飲み方まとめ【保存版】

アールグレイティーは、フレーバーティーの一種です。強い香りを好むイギリス人のために龍眼を使

フラックスシード茶の効果や飲み方まとめ

フラックスシードとは? 「月光で織られた布」 ▽亜麻(フラックス)の花

フェンネル茶の効果や淹れ方まとめ【おすすめハーブティー】

フェンネルとは? フェンネルは和名をウイキョウといい、ふわふわの糸のような葉に包まれ

フェヌグリークティー(コロハ茶)の効能や飲み方まとめ

フェヌグリークってなに? 世界各地で食用として利用されているハーブ フェヌグリ

ディンブラ紅茶の効能や美味しい飲み方まとめ

ディンブラ紅茶の特徴って? ディンブラ紅茶大変飲みやすく、癖のないお茶です。日本人の

PAGE TOP ↑