フィーバーフュー茶の効果や飲み方、口コミまとめ

フィーバーフューとは?

フィーバーフュー茶の原料であるフィーバーフューは、別名「マトリカリア」とも呼ばれ、古代から薬草として用いられてきたハーブです。和名をナツシロギクといい、その愛らしい姿と育てやすさから、観賞用としても好まれ、広く栽培されています。

原産はヨーロッパですが、アメリカにも持ち込まれ、今では北アメリカの各地で野生として見られます。

夏から秋にかけて、マーガレットによく似た可愛らしい白い花を咲かせます。葉にも花にも薬のような強い匂いがあるのが特徴です。

民間療法としては古くから鎮痛剤として親しまれて来ましたが、イギリスのあるご婦人がフィーバーフューの葉で偏頭痛を治した、という記事が小さく新聞に載ったことから注目され、本格的に研究されるようになった、といわれています。
 
 

フィーバーフュー茶の効果・効能は?

頭痛、片頭痛に効く

フィーバーフュー茶には頭痛、偏頭痛に効果があるとされています。偏頭痛は脳の内部や周辺の血管が収縮、拡張した際に周りの感覚神経を刺激することから起こることがわかっていますが、フィーバーフューに含まれる主成分のパルテノライドという物質は、この痛みの原因となるセロトニンやプロスタグランジン(※)を抑える働きがあります。

また、同じ原因で起こるリウマチの関節の痛みにも効果的です。偏頭痛の症状そのものを緩和しますので、偏頭痛にともなって起こる吐き気や嘔吐、光過敏症などの症状緩和にも効果があります。
 
 

花粉症、アレルギーの緩和にも

フィーバーフュー茶には頭痛だけでなく、ヒスタミンを抑制し、アレルギー症状を緩和しますので、花粉症や喘息の症状の緩和にも効果的です。

その他、体をあたためる効果もありますから、お風呂に入れて入浴剤として使えば、冷え性や肩こり、疲労回復にもなりますし、強い苦味は消化器を刺激して消化の促進にも役立ちます。

ドライフラワーしてポプリなどにすることで、防虫効果もあります。
 
 

大量摂取はNG。妊婦さんも注意しよう

ただ、多くの鎮痛剤や精神安定剤と同じように、脳の情報伝達物質に関わる作用がありますので、一度に大量に飲むことは避け、また、長期にわたって大量に摂取する、ということは控えるようにしましょう。

常用している場合は、突然中断すると離脱症状(薬をやめることでめまいや吐き気などの不快な症状がでること)を起こす可能性がありますので、一度にやめるのではなく、徐々に減らすようにしてください。

また、妊娠中のかた、小さなお子さんも使用を避けてください。
 
 

フィーバーフュー茶の飲み方、作り方は?

水1リットルに対して小さじ1〜2杯を入れ、3分ほど煮出します。苦味が強いお茶ですから、あまり長時間かけるととても飲みづらくなってしまうので要注意です。

また、煮出す時は、ポットに少量のお湯を注ぎ、一度フタをしてしばらく蒸らしてから、もう一度残りのお湯を注いでください。そのままですと、有効成分が出づらい場合があるためです。

一般的なハーブティーと比較すると苦味の強いお茶ですから、シングルよりもブレンドしたり、はちみつで甘みをつけるほうが飲みやすいでしょう。相性の良いハーブとしてカモミールペパーミントオレンジピールなどがあります。また、ルイボスティーなどの香ばしいお茶と合わせても美味しくいただけます。
 
 

フィーバーフュー茶の口コミ・評判は?

肩こりからくる頭痛に悩まされていましたが、このお茶をのむうちに軽減しました。
生理痛より頭痛に効いたような気がします。とにかく辛かった頭痛が、気がついたらなくなっていました。
とにかく苦く、なんとかしたいと思いまして、はちみつをいれてみました。これなら飲めます。

 
 

※1 セロトニンやプロスタグランジンについて

一般に、セロトニンやプロスタグランジンという物質は、体の中で有効にはたらくものです。セロトニンは「ハッピーホルモン」とも呼ばれ、心のバランスを保ち、心の安定や安らぎなどに関わる大切なものですし、プロスタグランジンは体の中で筋肉の収縮や血管の拡張など、体の活動の様々な分野に影響があり、特に女性の妊娠、出産には大きな関わりがあります。

しかし、どちらも過剰に分泌されることで、脳に悪影響を与え、過敏に反応し過ぎたり、痛みの原因となったりします。フィーバーフューは、セロトニンやプロスタグランジンを減らすのではなく、過剰に分泌されたものを抑制する、という効果があります。


ティークリップでお茶をもっと楽しもう!
このまとめが気に入ったら
「いいね!」しよう♡






いいね!すると厳選したハーブ・お茶の情報をお届けします

関連キーワード一覧

ハーブティーのまとめ ,



よく似たページ

cleavers

クリーバーズティーの効能やおすすめブレンドまとめ【保存版】

アメリカやヨーロッパでもよく見られるクリーバーズはアカネ科の植物です。日本名では「ヤエムグラ」と呼ば

もっと見る

chamomile-tea

カモミールティーの効能や飲み方、副作用まとめ【保存版】

カモミールは昔から薬用として用いられており、今から4千年以上前のバビロニアですでに薬草として用いられ

もっと見る

バレリアン茶の効能や副作用、飲み方まとめ

バレリアンとは? 古くから薬草として知られる バレリアン茶のもととなるバレリアンは「セイ

もっと見る

フェヌグリークティー(コロハ茶)の効能や飲み方まとめ

フェヌグリークってなに? 世界各地で食用として利用されているハーブ フェヌグリークは古く

もっと見る

オリーブティーの効能や飲み方、ブレンド集まとめ【保存版】

オリーブティーの効能や飲み方、ブレンド集まとめ【保存版】

オリーブティー(オリーブ茶)の原料であるオリーブは北アフリカや地中海沿岸が原産で、もくせい科

もっと見る

ローズヒップティーの効能や飲み方、ブレンド集まとめ

ローズヒップティーの効能や飲み方、ブレンド集まとめ

ローズヒップティーは、あのレモンの20倍ものビタミンCを含んでおり、美肌を形成するのに非常に効果の高

もっと見る

ビルベリー茶の効果や飲み方、口コミまとめ【ハーブティー】

ビルベリーとは? ビルベリー茶の原料であるビルベリーの原産地は北欧、スカンジナビア半島から南ヨ

もっと見る

頭痛にはハーブティー!症状別におすすめハーブをご紹介

頭痛にはハーブティー!症状別におすすめハーブをご紹介

  寒くなってきましたが、この季節になると頭痛に悩まされる方って非常に多いと思います

もっと見る

コーンシルク

コーンシルクティーの効能や飲み方、おすすめブレンドまとめ

世界の多くの人に食べられているトウモロコシですが、原産は中南米で、コーンシルクとは、トウモロコシにつ

もっと見る

mulberry

マルベリーティーの効能や飲み方、ブレンド集まとめ

マルベリーは、中国やヨーロッパが原産国のクワ科のハーブで、日本では絹を作る「蚕」が食べるものとして知

もっと見る

  • TEA CLIPのコンテンツは、病気の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。事故やトラブルに関して責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中や授乳中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、まず専門家や専門医に相談するようにしてください。

no image
ごぼう茶をおすすめできるのは「XXX」に悩む人!【口コミ体験談あり】

ごぼうは、きんぴらごぼうや豚汁で使われる、私たち日本人にとって馴染み深い野菜です。ごぼうに

アールグレイティーの効能や美味しい飲み方まとめ【保存版】

アールグレイティーは、フレーバーティーの一種です。強い香りを好むイギリス人のために龍眼を使

フラックスシード茶の効果や飲み方まとめ

フラックスシードとは? 「月光で織られた布」 ▽亜麻(フラックス)の花

フェンネル茶の効果や淹れ方まとめ【おすすめハーブティー】

フェンネルとは? フェンネルは和名をウイキョウといい、ふわふわの糸のような葉に包まれ

フェヌグリークティー(コロハ茶)の効能や飲み方まとめ

フェヌグリークってなに? 世界各地で食用として利用されているハーブ フェヌグリ

PAGE TOP ↑