更新:2016/09/12

ローズヒップティーの効能や飲み方、ブレンド集まとめ

ローズヒップティーは、あのレモンの20倍ものビタミンCを含んでおり、美肌を形成するのに非常に効果の高いと言われているハーブティーの一つです。

また効能だけでなく香りも甘く爽やかで、味も程よい酸味があり、飲みやすいハーブティーです。

今回はそんなローズヒップティーの効能や飲み方、特徴についてお伝えします。

 
 
wild-rose
 

ローズヒップってどんなハーブなの?

ローズヒップティーというと、美容や美肌に効果的なハーブティーとして有名ですが、その他にも生理不順やホルモンバランスを整えるという効果もあるので特に女性には大人気のハーブティーです。「ビタミンCの爆弾」や「若返りの秘薬」と唱われており世界中で作られています。

ちなみにローズヒップとは、スイートブライアーやドッグローズなどのバラの花が咲いた後にできる実のことを指します。ハーブティーとして最も用いられるのは、ドッグローズです。ヨーロッパやアジアで普及していて、5月頃に花を咲かせ秋になると赤い実をつけます。

この実がオレンジの10倍、レモンの20倍という量のビタミンCを含んでおり、果物があまり手に入らなかった時代には果物の代わりとして食されていたそう。
 
 

ローズヒップティーの飲み方

1. お湯150~180mlに対し、ローズヒップはティースプーン2杯分(酸っぱいのが苦手な人は1杯でも十分です)をマグカップに入れます。

2. 沸騰したお湯をマグカップに注ぎ、蓋をして3~5分蒸らします。パウダー状のものは蒸らす必要がありません。

実の量を多めにすると、ややとろみのあるお茶になるのが特徴です。浸出時間を5分以上かけて、濃く入れた方が美味しいという人も。もし酸味が気になる方がいたら、少しハチミツを加えるといいでしょう。
 
 

おすすめブレンド集

ローズヒップティーはブレンド用としても人気があり、たいていのハーブで相性がいいです。
 
 

ハイビスカスとのブレンド

ハイビスカスとブレンドすると、鮮やかな水色と酸味が病みつきになります。
 
 

果汁100%ジュースと炭酸水とのブレンド

果汁100%のジュースとローズヒップティーを混ぜ、さらに炭酸水と割るととても爽やかにスッキリとするので、子どもでもとても飲みやすいです。
 
 

ホットミルクとはちみつとのブレンド

ローズヒップティーを淹れたあとにホットミルクをお好みで注ぎ、はちみつを加えるとローズヒップホットミルクになります。子どもでも飲みやすい味です。
 
 

ルイボスティーとのブレンド

妊娠中や授乳中の方は、300mlのお湯に対してローズヒップ1/2杯、ルイボスティー1杯というアレンジがおすすめです。
 
 

ローズヒップティーの効果・効能は?

ローズヒップティーにはビタミンCが豊富に含まれていますが、それ以外にもビタミンAやビタミンB群、ビタミンE、ビタミンPなどビタミンが非常に多く含まれていて、健康への効果が抜群なハーブティーとなっています。

ぜひ、毎日寝る前に飲む習慣を付けるようにしてください。数週間も飲み続けるとその変化に気付くことができるかと思います。
 
 

美肌効果

ローズヒップティーの効能としてあげられるのが、美肌効果です。乾燥肌や敏感肌を改善するだけでなく、メラニンの生成を防ぐ効果もあるので、しみができるのを防いでくれます。
 
 

風邪予防、免疫力向上に

ローズヒップティーは免疫力向上としても高く評価されているハーブティーです。日々飲む習慣をつけることで、風邪予防につなげることができます。
 
 

ノンカフェインだから安心

ローズヒップティーは、ノンカフェインなので子どもや妊婦中の方や授乳中のママにもおすすめのハーブティーです。

また副作用も報告されていないので、安心して誰でも飲むことができます。
 
 

妊婦さんは4ヶ月目以降に

ハーブティー全般、妊娠3ヶ月までは控えておいた方がいいとされていますので、ローズヒップティーに関しても4ヶ月以降から飲むようにしましょう。
 
 

過剰接種は要注意!

ローズヒップティーを水を飲むようにガブガブ飲むのは避けるようにしましょう。あくまでも薬効のあるハーブティーということを忘れないようにしておきましょう。飲めば飲むほど美肌になり効果が倍増したり、免疫力がぐんぐん上がったりする訳ではありません。

「ビタミンCの爆弾」とまで言われているくらいなので飲み過ぎてしまうとビタミンCの過剰摂取をしてしまうので程々にしておくという姿勢が重要です。また、アレルギー体質のある場合は注意して慎重に少量からスタートすることをおすすめします。
 
 

ローズヒップの基本情報

  • 種別:バラ科、落葉低木
  • 原産地:アジア、ヨーロッパ
  • 利用部分:実
  • 効能:美肌効果、リラックス効果、風邪改善、利尿作用、便秘改善
  • お茶以外の利用:ジャム、お菓子など

ティークリップでお茶をもっと楽しもう!
このまとめが気に入ったら
「いいね!」しよう♡






いいね!すると厳選したハーブ・お茶の情報をお届けします

関連キーワード一覧

ハーブティーのまとめ , , , , , , ,



よく似たページ

月桃

ゲットウティー(月桃茶)の効能やおすすめブレントまとめ【保存版】

花のつぼみが白く、ほんの少しだけピンク色がある可愛らしい南の植物ゲットウ(月桃)は、亜熱帯に多く自生

もっと見る

バニラビーンズティーの効能/飲み方まとめ【ハーブティー】

バニラビーンズのもととなるバニラは、アイスクリームやプリンに欠かせない、甘い「バニラ」の香りをつける

もっと見る

【保存版】初心者向け!ハーブティーの効果的な飲み方

【保存版】初心者向け!ハーブティーの効果的な飲み方

  ハーブティーは、疲れたあなたの心と身体を潤し、やすらぎを与えてくれるお茶です。

もっと見る

パッションフラワーティーの効果や飲み方まとめ【女性に嬉しいハーブ】

パッションフラワーとは? 日本ではトケイソウとも呼ばれる パッションフラワーは、中央アメ

もっと見る

アップルフルーツティーの効能や飲み方まとめ【ノンカフェイン】

アップルフルーツティーの効能や飲み方まとめ【ノンカフェイン】

    アップルフルーツティーとは? アップルフルーツとは、普段果

もっと見る

ウッドラフリーフティーの効能・飲み方・おすすめブレンドまとめ【保存版】

ウッドラフリーフティーの効能・飲み方・おすすめブレンドまとめ【保存版】

ウッドラフは、北アメリカやヨーロッパ原産のアカネ科多年草のハーブです。 和名はクルマバソウで、

もっと見る

juniper-berry-tea

ジュニパーベリーティーの効能や飲み方まとめ【ハーブティー】

ジュニパーベリーって? 食べ物やお酒の香りづけとして ジュニパーベリー(別名:セイヨウネ

もっと見る

ハーブの女王「ラベンダーティー」の効能や飲み方まとめ

ハーブの女王「ラベンダーティー」の効能や飲み方まとめ

ラベンダーティーは、日本でも有名なラベンダーをお茶にしたもので、「ハーブの女王」と形容される

もっと見る

カシアティーの効能や飲み方、ブレンド集まとめ

カシアティーの効能や飲み方、ブレンド集まとめ

カシアはシナモンと非常によく似ていますが、マメ科カシア属のハーブで、高さ3mほどまで成長する熱帯常緑

もっと見る

ゴツコーラ

ゴツコーラティーの効能や飲み方、ブレンドまとめ

ゴツコーラは、東ヨーロッパや南アジア、インドなどが原産のとても古いハーブで約5000年以上も前から使

もっと見る

  • TEA CLIPのコンテンツは、病気の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。事故やトラブルに関して責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中や授乳中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、まず専門家や専門医に相談するようにしてください。

アールグレイティーの効能や美味しい飲み方まとめ【保存版】

アールグレイティーは、フレーバーティーの一種です。強い香りを好むイギリス人のために龍眼を使

フラックスシード茶の効果や飲み方まとめ

フラックスシードとは? 「月光で織られた布」 ▽亜麻(フラックス)の花

フェンネル茶の効果や淹れ方まとめ【おすすめハーブティー】

フェンネルとは? フェンネルは和名をウイキョウといい、ふわふわの糸のような葉に包まれ

フェヌグリークティー(コロハ茶)の効能や飲み方まとめ

フェヌグリークってなに? 世界各地で食用として利用されているハーブ フェヌグリ

ディンブラ紅茶の効能や美味しい飲み方まとめ

ディンブラ紅茶の特徴って? ディンブラ紅茶大変飲みやすく、癖のないお茶です。日本人の

PAGE TOP ↑